閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年11月3日 モスクワ 木原栄治

カザフスタン:Polymetal社、社会福祉プロジェクトに4年間で100万US$を出資へ

 2014年10月27日付け地元報道等によると、Polymetal社のヴィタリー・ネシスCEO及び東カザフスタン州のベルディベク・サパルバエフ知事が、社会経済協力に関する覚書に調印した。Bakyrchik採鉱会社(Polymetal社の子会社)は、覚書に基づき、東カザフスタン州の社会福祉プロジェクトに1億8,500万KZT(カザフスタン・テンゲ、100万US$以上)を出資する予定である。当該覚書はPolymetal社と東カザフスタン州政府が締結した初の覚書であり、期間は4年とされている。

 覚書には、長期的な社会的パートナーシップに基づく協力の主要分野(就学前児童用施設・学校施設整備への出資、生活困窮家庭の子供の特別教育プログラム、社会的弱者の支援)が定められている。

 Polymetal社は、Varvarinskoe金・銅鉱床(コスタナイ州)を取得した2009年10月からカザフスタンで活動しており、2014年9月、Kyzylプロジェクト(東カザフスタン州ジャルミン地区Bakyrchik及びBolshevik金鉱床)の買収を完了した。

ページトップへ