閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年11月4日 北京 森永正裕

中国:昆明泛亜金属取引所ではレアアースの商業的な買い上げ備蓄を実施

 安泰科によれば、昆明泛亜金属取引所では、新たに酸化ジスプロシウム及び酸化テルビウムを上場し、直ちに契約額は3,000万元以上に達した。これにより、中国投資者が、初めて商業的な買い上げ備蓄方式でレアアース業界に参入したことになる。

 これら2種類の希土製品は、中国南部にあるイオン吸着型希土類酸化物で、戦略的役割の高い中・重希土であり、資源の不足が指摘される鉱種で、永久磁石、医療、電動車、風力発電等ハイテク分野に応用されている。

 これまで、中国では南部、北部で地域性取引所を2か所設置している。即ち江西贛州レアメタル取引所及び包頭レアアース製品取引所で、レアアース製品をともに上場している。

ページトップへ