閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年11月10日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Goldcorp社、El Morro金-銅プロジェクトの環境影響評価書を取り下げ

 Goldcorp社(カナダ)は、2014年11月7日付けニュースリリースで、El Morro金-銅プロジェクトの環境影響評価書(EIS)を取り下げたことを発表した。これは、2013年10月に再取得した環境認可(RCA)に関する2014年10月7日の最高裁判所の判決結果を受けたもの。リリースでは、同社は、開発判断基準に適合する新たな開発計画が策定可能かどうかの検討に着手したとしている。プロジェクト再開となったとしても、建設開始に少なくとも3年、操業開始に5年かかることが予想される。

 El Morro金-銅プロジェクトに係る環境認可は、2012年4月に最高裁判所の裁定により一時取り消しとされたが、環境影響評価中の先住民との協議部分が修正されたとして、2013年10月に第Ⅲ州環境評価委員会により環境認可の再承認がなされた。その後、同年11月に先住民・農業団体グループが、環境影響評価時に環境評価局が先住民との協議を怠っていたとして環境認可の無効を求める差し止め訴訟を起こしたが、2014年4月、Copiapó上訴裁判所はこれを棄却。棄却を不服とする先住民グループは、同年5月、最高裁判所へ上訴。最高裁判所は、同年10月7日、先住民グループの訴えを認める判決を下し、今後、プロジェクトを進めるためには、ILO第169号条約に則った先住民グループとの協議が必要であるとしていた。

ページトップへ