閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年11月10日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Michoacán州における鉱業活動一時停止等により数百万US$の損失を計上

2014年11月6日付け業界紙等によると、メキシコ鉄鉱石大手のNew World Mining社は、Michoacán州における鉱業活動の一時停止等により、数百万US$単位の損失が計上された旨を明らかにした。 同氏によると、合法的に鉱業コンセッションを取得し採掘を実施しても、同州Lázaro Cárdenas港への鉱石運搬において、犯罪組織による鉱石強奪を防ぐための治安対策により、同州の鉱業企業12社は鉱業活動が不安定になっている。また、本年3月から連邦当局が麻薬カルテル撲滅のために実施している、同港保税区画等の安全対策による使用制限により、鉱業関連企業の活動が一時停止に追い込まれる等の被害が発生したため、これら鉱業企業は数百万US$単位の損失を被った。

ページトップへ