閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年11月13日 バンクーバー 山路法宏

米:Freeport-McMoRan社、アリゾナ州のMiami銅製錬所を一時閉鎖

 2014年11月13日の地元報道によれば、米Freeport-McMoRan Inc.(Freeport社)がAZ州で操業するMiami銅製錬所において、11月12日の午後10時に火災事故が発生し、操業を停止した事が明らかになった。転炉から溶湯が流出した模様。その原因や設備へのダメージは調査中で、休止期間や生産への影響については事故調査の終了までは不明と、Freeport社の広報は回答した。また、既に溶融銅の流出は止まっており、この事故による負傷者はいないとの説明。Miami銅製錬所は、米国全体の生産量の約14 %を占める180,000 t/yの生産能力を有しており、同社のAZ州やNM州の銅鉱山で生産された銅精鉱を処理している。なお、銅プレミアムは同製錬所の操業休止に反応しておらず、その背景として、米国および中国の需要が鈍い事、同社が操業するAtlantic Copper製錬所(スペイン)による埋め合わせが可能と思われる事、等が理由と考えられている。

ページトップへ