閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年11月17日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Peñasquito多金属鉱山、操業開始5年で当初計画の粗鉱処理量を達成

2014年11月11日付け業界紙等によると、加Goldcorp社(本社:バンクーバー)は、Zacatecas州に保有するPeñasquito多金属鉱山に関し、操業開始5年を経て漸く当初計画であるフル操業としての粗鉱処理量130千t/日を達成した旨を発表した。 同社によると、同鉱山は操業開始以来これまで粗鉱処理量が95千~100千t/日であったが、鉱山労働者の経験値が上がり作業効率が向上してきたため、フル操業に達した。 なお、同鉱山は鉱化作用が地下800 mまで捕捉されている一方、現在の探鉱は地下400 mレベルであるため、鉱山寿命は更に長期に亘るとの見込みが立てられている。

ページトップへ