閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月1日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:政府、61件にC&Cステータスを付与

 2014年11月24日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省(MEMR)は61件の鉱物及び石炭鉱業事業許可(IUP)に「クリアかつクリーン」(“clean and clear”, 以下C&C)ステータスを与えた。

 2011年に最初のグループがC&Cステータスを得て以来、今回で13組目のステータス付与となる。C&Cステータスは、2009年から施行された新鉱業法及び政令2010年第23号に準拠する、鉱区重複がなく、必要書類を提示できるものに対して与えられる。

 インドネシア政府は、鉱業事業許可発給権を回復して以降、地方政府による積極的な鉱業許可発給による混乱を整理するものとして、C&C証明の付与を開始した。10,000件ほどある鉱業許可保持者のうち、C&C証明を持つ者は半数に満たないと見られている。

ページトップへ