閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月8日 リマ 岨中真洋

ペルー:エネルギー鉱山省、小規模鉱業への規制を強化

 2014年12月3日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、小規模・零細鉱業への要件・規制強化を目的とした法案を、2015年初頭に国会へ提出する方針を明らかにした。

 Shinno鉱山次官は、規制強化の理由として、小規模・零細鉱業権者の中には、当初から鉱業活動を行う意図はなく鉱業権の転売を目的に鉱区を取得しているケースや、違法操業を行っているために、合法化に反対する業者などが存在している現状を説明した。

 現在、エネルギー鉱山省に登録されている小規模・零細鉱業権者は約4,000件だが、その大部分が鉱業権者ではない第三者によって採掘されている。

 同次官によれば、今回の規制強化法案では、小規模鉱業の鉱区面積は、現行の2,000 haから250~500 haへと縮小されるほか、租鉱処理量も現在の350 tからの大幅な削減が提示されている。その一方で、鉱区の維持に必要な鉱区利権料を引き上げ、インフォーマル採掘を抑止する計画となっている。

ページトップへ