閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月8日 リマ 岨中真洋

コロンビア:武装ゲリラ組織、麻薬密売より非合法鉱業を重要視

 2014年11月20日付け業界紙によると、コロンビアでは、1グラムの金採取がコカインの20倍の高値がつくと考える、非合法的な金抽出に誘惑されたアジア、ヨーロッパや南米諸国からの入国者らの逮捕者数が増加しており、また、非合法鉱業は、コロンビア革命軍(FARC)などのゲリラ組織の最大の資金源となっている、と非合法的鉱業活動撲滅チームリーダーのLuis Martinez将軍は指摘している。

 金の非合法鉱業は、シアン化物や水銀が森林地帯を流れる河川に流出しており、環境汚染の元凶と看做されている。さらに非合法的鉱業は金に限らず、プラチナ、コルタン(ニオブ・タンタル)、石炭、建設資材の採掘にもおよび、2011年の国勢調査によると、コロンビアに存在する鉱業所の63 %が鉱業権を有しない非合法活動であるとされている。

 コロンビア、ボリビア、ブラジル、エクアドル、ギアナ、スリナム、ベネズエラ、ペルーの各政府はアマゾン協力条約の枠内で、域内の非合法鉱業撲滅のために連携することとしている。

ページトップへ