閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月8日 モスクワ 木原栄治

ロシア:PIMCU社、操業停止中の2鉱山でウラン生産再開へ

 2014年11月18日付け地元報道等によると、Priargunsky Industrial Mining and Chemical Union(PIMCU)は、操業停止中の第2及び第4鉱山のウラン生産再開に向けた準備を開始する。

 第2鉱山の生産再開は2015年2月を予定している(ウラン埋蔵量1万1,000 t)。第4鉱山のウランの残存埋蔵量は6,000 tである。VNIPIpromtechnologii社とPIMCU社との共同研究に基づき、ブロック・リーチングによる回収計画が作成された。これにより地上への鉱石運搬が不要となるため、コストを低減できる。ヒープリーチング法による生産は2015年3月に開始予定である。

ページトップへ