閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月8日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Metalloinvest社、2014年Q3は86 %の減益

 2014年11月27日付け地元報道等によると、ロシアの鉄鉱石生産最大手Metalloinvest社の2014年Q3の純利益は、ルーブル安によりQ2比86.4 %減の5,900万US$となった。1~9月期の純利益は約30 %減の6億800万US$、売上高は8.2 %減の51億US$、EBITDAは12 %減の 15億US$であった。ルーブル安により同社のドル建て債務の償却額が膨らんだ。

 2014年Q3は西側による対ロシア経済制裁を背景に、ルーブルの対ドル・対ユーロレートが下落し、その悪影響は主に国内消費者に製品を供給し、債務がドル建ての生産者の実績に及んでいる。またMetalloinvest社のQ3の実績にはプラントの改修、鉄鉱石価格の下落も影響している。

 同社のQ3の売上高はQ2比9 %減の15億7,000万US$、EBITDAはQ2比19 %減の4億1,500万US$となった。

ページトップへ