閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月8日 モスクワ 木原栄治

カザフスタン:Rio Tinto、カザフスタンにおける地質調査開始を否定

 2014年11月25日付け地元報道等によると、カザフスタンのイセケシェフ投資・発展相は、第5回鉱業冶金産業労働者大会において、Rio Tintoがカザフスタンにおける地質調査を開始したと述べたが、同社はこれを否定した。Rio Tintoは、「パートナーとの協力関係は進展しているが、当社とKazgeology社との合弁企業が地下資源利用ライセンスを得るには、更に幾つもの具体的措置を年内に講じなければならない。」としている。このライセンスがなければ、カザフスタンにおける地下資源利用のあらゆるオペレーションは違法となる。

 Rio Tintoは、「当社の技術的アドバイスを踏まえ、現地パートナーであるKazgeology社は今秋Korgantasプロジェクト向け航空測量実施を落札した。現在最終調整段階にあり、フライトなどの必要許可取得を予定している。関係書類を取得次第、プロジェクトの作業計画に基づく他の必要な地質調査と同様、翌シーズン初めには航空測量を開始できる。」としている。

ページトップへ