閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年12月12日 バンクーバー 山路法宏

米:Freeport-McMoRan社のアリゾナ州Miami銅製錬所が操業を再開

 2014年12月12日付け地元報道は、2014年11月13日から操業を停止していた米Freeport-McMoRan Inc.(FCX)が所有するAZ州Miami銅製錬所が12月7日から通常生産に戻ったと報じている。

 同製錬所はFCXが米国に保有する唯一の銅製錬所で、米国全体の生産量の約14 %に相当する180,000 t/yの生産能力を有している。11月12日に転炉から溶湯(molten copper)が流出し、火災が発生した事で操業を休止していたが、損傷した電気炉の修理完了により操業が再開された。

ページトップへ