閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月12日 シドニー 伊藤浩

豪:資源エネルギー経済局、資源・エネルギー分野の主要プロジェクトを発表(その2)

 2014年11月26日に連邦政府・資源エネルギー経済局(BREE)が発表した定例報告書「Resources and Energy Major Projects October 2014」によれば、資源・エネルギー分野における2014年10月末時点でのCommitted Stage プロジェクトは44件(2,277億A$)で、その内訳は鉄鉱石プロジェクト6件(120億A$)、非鉄金属プロジェクト5件(23億A$)、石炭プロジェクト9件(55億A$)、LNG・石油プロジェクト13件(1,971億A$)、インフラ関連プロジェクト10件(99億A$)であった。

 Committed Stageの鉄鉱石プロジェクトは2014年4月末時点で5件(119億A$)となっており、2014年5月以降Committed Stage からCompleted Stage(建設完了Stage)に移行したプロジェクトは0件で、一方Feasibility StageからCommitted Stageに移行したプロジェクトが1件あった事から、10月末時点でのCommitted Stageプロジェクトの件数は1件増えて、6件となり、投資額は2014年5月末時点とほぼ同等の120億A$となった。

 Committed Stageの石炭鉱山プロジェクトは2014年4月末時点で10件(65億A$)となっており、2014年5月以降Committed Stage からFeasibility Stageに後退したプロジェクトが1件発生した一方、Committed Stage からCompleted Stage(建設完了Stage)に移行したプロジェクト及びFeasibility StageからCommitted Stageに移行したプロジェクトがなかったことから、10月末時点でのCommitted Stageプロジェクトの件数は1件減少の9件となり、投資額も2014年4月末時点から10億A$減少し55億A$となった。

ページトップへ