閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月15日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:2015年3月にレアアースプラントが稼働開始予定

 2014年12月10日付地元メディアによると、PT Timah Tbk(Timah)は、レアアース鉱物の鉱山エリアとして、バンカ及びブリトゥン島における鉱業事業許可(IUP)の準備をしている。探査は、レアアース処理ミニプラントの商業的操業が可能となる2015年3月に開始される予定である。TimahのSukrisno取締役は、レアアースミニプラントの建設は2015月1月に完了する見込みであると述べた。

 Timahはバンカ・ブリトゥン州Tanjung Ular工業区域のレアアースプラント建設に200億IDRの投資を行っており、レアアースの生産能力は50kg/日だという。

 Sukrisno取締役によれば、プラントの操業が順調ならば、バンカ・ブリトゥンにおけるレアアース鉱山の開発のために鉱業事業許可の準備も予定しているという。鉱山開発までの期間は、レアアース生産に錫スラグ及び錫製錬副産物のみを使用するとのこと。

ページトップへ