閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年12月17日 シドニー 矢島太郎

PNG:Newcrest社、Wafi-Golpu金探査プロジェクトをFSステージへ

 2014年12月15日、産金大手Newcrest(豪)は、同社がパプアニューギニアで実施しているWafi-Golpu金鉱床探査プロジェクト(南アHarmony Gold社との50:50-JV)をFSステージに進めることを発表した。高品位部における初期FSにより、金2,000万オンス(約622 t)と銅900万tの鉱量(平均品位は金1.02 g/t、銅1.60 %)を有するワールドクラスの鉱床が確認されているとの事。同社CEOは、開発を2つのステージに分けて、高品位部から開発する事で、鉱山の開発コストは当初の48億U$から23億U$へ大幅に削減されるとコメント。今後、同プロジェクトでは高品位部のFSと周辺部の初期FSを同時に実施し、それぞれ2015年度内に完了させる予定。当該プロジェクトはブロックケービングによる採掘が計画されており、2020年の生産開始予定。なお、地元紙によれば、PNG政府は採掘権の承認による30 %の権益取得オプションを有しているため、その行使により、Newcrest社とHarmony Gold社の権益はそれぞれ35 %に減少する。

ページトップへ