閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2014年12月17日 北京 森永正裕

中国:紫金鉱業傘下の金旺鉱業、150万 t規模の鉛亜鉛採掘許可を取得

 安泰科によれば、紫金鉱業傘下の金旺鉱業は、新疆ウィグル自治区が発行した150万t/年生産採掘許可を取得した。当該鉱山は主に鉛亜鉛の採掘及び製錬事業を展開している。

 金旺鉱業の採掘方式は露天採掘と坑内採掘方式で、採掘規模は150万t/年、採掘の深さは2,510 mから2,144 mまでで、有効期限は2016年10月まで。

 同時に、金旺鉱業は年間生産能力300万t規模以上の採掘許可の申請業務を開始している。

 紫金鉱業は、中国国内最大の金生産企業で、銅(国内第2位)及び亜鉛(国内第3位)の生産企業である。中国国内でもっとも多く金属鉱物資源を確保している企業の1社でもある。金旺鉱業の登録資本金は1億元で、紫金鉱業が60 %の株式を保有する。

ページトップへ