閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月18日 北京 森永正裕

中国:2013年、国内5種重金属汚染物排出総量は明らかに低減

 安泰科によれば、中国環境保護部のウェブサイトによると、2013年末まで、国内5 種の重金属汚染物(鉛、水銀、カドミウム、クロム及び砒素)の排出総量は2007年より10.5 %低減し、国内の合計約4,000社の重金属企業を淘汰した。その内訳は、銅製錬204万t、鉛296万t、亜鉛85万t、製革2,580万標、鉛蓄電池5,800 万KVA。

ページトップへ