閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年12月20日 モスクワ 木原栄治

カザフスタン:豪Central Asia Resources社、Kogadyr金抽出プラントの操業を開始

 2014年12月15日付け地元報道等によると、豪Central Asia Resources 社は、Kogadyr金鉱床の金抽出プラントの操業を開始した。新規プラントの第一フェーズは鉱石処理能力45万tで、ドーレ合金として金500 kgを生産し、将来的に鉱石処理能力90万t、金年産1 tへの拡大を予定している。プロジェクト費用は21億KZT(カザフスタン・テンゲ、1,160万US$)である。

 プラントはCentral Asia Gold Production社が建設した。鉱山と金抽出プラントのオペレーションはCentral Asia Gold Corp(Central Asia Resources 社の子会社)が行う。鉱床まで35 kV送電線(12 km)が引かれ、2,500 kWの変電所、砕鉱・アグロメレーション施設、機械修理工場が建設された。

 Kogadyr金鉱床はジャンブール州コルダイ地区にあり、露天掘が行われている。金の平均品位は1.5 g/t、マインライフは8年である。

 Central Asia Resources 社はカザフスタンにおいて、Dalabai鉱床(金12万4,000oz(3.86 t)、平均品位0.97 g/t)、Altyntas鉱床(鉱石1,390万t、金平均品位1.34 g/t、金59万8,000 oz(18.6 t))、Kepken鉱床、Kengir鉱床及びBizhe鉱床を開発している。

ページトップへ