閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年12月22日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:2015年初頭にCOW及びCCOW再交渉を終了

 2014年12月18日地元メディアによると、2015年初頭にエネルギー鉱物資源省(MEMR)は鉱業事業契約(COW)及び石炭鉱業事業契約(CCOW)の再交渉を終了するという。COW及びCCOWの保有者は107社で、覚書を締結したのは84社となっている。契約の再交渉については、2009年法律第4号の新鉱業法によって定められている。

 エネルギー鉱物資源省Sudirman大臣は、MEMRは鉱業契約の再交渉の速やかな終了のために鉱山会社に対し未だ機会を提供している、と述べた。また同氏は、「規則は適用されなければならない。もし我々が制裁を加えなければならないのならば、そうするだけだ。しかしながら、法の精神というものを順守していきたい。」とも述べた。

ページトップへ