閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル レアメタル
2014年12月26日 その他 山本万里奈

ベネズエラ:Loma de Niquel鉱山でニッケル生産を再開か

 2014年12月17日付報道によると、ベネズエラ唯一のニッケル鉱山であったLoma de Niquelが生産を再開した模様。INSGの統計によると、同国2014年1~10月累計のニッケル生産量は2,700 t。

 本鉱山はAnglo Americanが91.4 %の権益を保有していたものであるが、2012年11月にベネズエラ政府が同社とのコンセッション契約の期限延長を拒否したため、同社は撤退、以後生産は停止されていた。現在は政府100 %出資のPetroleos de Venezuela(PDVSA)が操業していると推測されるが、実態は不明。

 Anglo Americanは2014年4月、このコンセッションの取り消しによる600百万US$の補償を求め、ベネズエラ政府を相手取り国際投資紛争解決センター(ICSID)に国際仲裁を申し立てた。同センターウェブサイトによると、本件について11月末に電話会議による第1セッションが開催され、12月2日にはProcedural Order第1号が発令されている。

 なお、ベネズエラは2012年1月にICSID脱退通告を提出し、条約に基づき同年7月に脱退が有効となったものの、これまで提出された39件の国際係争のうち26件が係争中(Pending)となっている。

ページトップへ