閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年1月5日 ロンドン 竹下聡美

ウガンダ:中国企業がリン鉱山開発に参画

 2015年12月23日付けメディア報道によれば、ウガンダ政府は中国Guangzhou Dongsong Energy Groupとの間でリン鉱山及び肥料プラントの開発に合意した。Peter Lokeris鉱物エネルギー大臣は、ウガンダ国内で需要が拡大している肥料について、中国の投資により国内調達が可能となり大幅に輸入コストが削減できるとコメントしている。なお、生産開始までは4年から5年を要し、リン酸肥料の年間生産能力は30万tとされ、本契約に基づき、生産物はウガンダ、ケニア、タンザニア、ルワンダ及びブルンジで販売される予定である。

ページトップへ