閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年1月5日 バンクーバー 山路法宏

米:Energy Fuels社、Uranerz社買収で米国最大のウラン生産企業へ

 2015年1月5日、ウランを生産する米Energy Fuels Inc.(Energy Fuels社)と米Uranerz Energy Corporation(Uranerz社)は、株式交換によって、Energy Fuels社がUranerz社の全発行済み株式を取得する正式契約の締結を発表した。当該契約によって、Uranerz社の普通株1株に対して、Energy Fuels社の普通株0.255株が割り当てられる。

 Energy Fuels社は、AZ州、CO州、UT州、WY州及びNM州に操業鉱山および様々なステージの開発プロジェクトを多く保有しているほか、UT州では米国内で唯一操業している従来型ウランのミル設備を保有している。一方のUranerz社は、国内で最大のウラン生産州でありCameco社やUranium One社も活発に活動するWO州のPowder River Basinに多くの鉱区を保有し、2014年4月にはNichols Ranch鉱山で原位置回収法(In-Situ Recovery)による生産を開始している。

 本買収によって、在来型採掘法と原位置回収法による鉱山を併せ持つ、米国に特化した総合ウラン生産企業が誕生し、合併後の保有資源量は米国企業で最大になるとみられる。

ページトップへ