閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年1月9日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Ministro Hales銅鉱山、焙焼炉改修により生産が軌道に

 メディア報道によると、CODELCOが操業するMinistro Hales銅鉱山(第II州)は、2014年初めにフル生産に移行して以降、ヒ素除去のための焙焼炉に問題を抱えていたものの、2014年11月に行なった改修によりこれを解決し、銅精鉱中のヒ素濃度を低減したほか、現在、一日あたりの鉱石処理量は1,000~1,200 tとなっている模様。CODELCOのPizarro総裁は、まだ、解決すべきいくつかの小さな問題点が残っているものの、一日あたり鉱石処理量を1,300 tとすることができれば申し分ないと語った。

ページトップへ