閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年1月12日 バンクーバー 昆野充登

加:カナダの鉱山関連企業、雇用に慎重な姿勢

 2015年1月6日付地元報道によれば、人材派遣会社のHays Canadaが2014年11月にカナダの鉱山関連企業に対して実施した調査の結果、53 %の会社が今後数ヶ月の間に事業を拡大する計画があるものの、フルタイムでの新規雇用を検討しているのはわずか34 %で、別途人員削減を検討している会社も20 %あることが分かった。また、聞き取り調査を行った会社のうち4割が終身雇用よりも臨時雇用を求めていた。給与については、世界経済の見通しが困難であるものの、1/4以上の会社がカナダ経済の成長を予想し、83 %の会社が何かしらの方法で給与の増額を予定していた。

ページトップへ