閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年1月12日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:Koba Tinが16.7百万US$の閉山再生ファンドを準備

 2015年1月8日付地元メディアによると、PT Koba Tinの経営陣は16.7百万US$の閉山再生ファンドの適用を約束しており、PT Timahが組織する経営コンソーシアムの承認を待っている状態である。

 エネルギー鉱物資源省 鉱物石炭・技術・環境局のBambang Susigit局長によると、再生エリアはおおよそ3,800haにのぼるという。Susigit局長はまた、同エリアはCOW更新を行わなかった2013年9月以降放置されており、コンソーシアムのアクションプランを待っている、と述べた。

 Koba Tinは中央バンカ県及び南バンカ県において41,000 haのコンセッションを保有している。

ページトップへ