閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年1月20日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Pascua Lama金銀プロジェクトは環境認可無効に直面するかもしれない

 メディア報道によると、Barrick Gold社(カナダ、以下Barrick社)は、サンチャゴ環境裁判所によるPascua Lama金銀プロジェクトに対する罰金(2.5億US$)支払い命令に対する不服申立てを最高裁判所に行っていたが、2014年12月30日、最高裁判所はこれを却下した。

 情報筋が伝えるところによれば、Barrick社は、環境監督庁(SMA)に罰金額を下げるように求めるかもしれないが、SMAがこの要求を受け入れなかった場合、Barrick社は、2.5億US$の罰金を支払うかどうかについての判断を迫られる。罰金を支払わなかった場合、おそらく、環境認可の無効が言い渡されるだろう。

 Barrick社は、罰金支払い問題のほかに、プロジェクトに反対する先住民コミュニティとの問題を解決していない。同社は先住民コミュニティとの協議を続けているが、いくつかの先住民コミュニティは、ロイヤルティーの支払いを求めることを検討している模様である。また、同社は、プロジェクトによる影響を受けるかもしれない周辺の農業経営者との問題を抱えている。

ページトップへ