閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年1月26日 ロンドン 竹下聡美

ザンビア: Edgar Lungu新大統領、ロイヤルティ大幅引き上げを維持する意向

 2015年1月20日に実施された大統領選挙の結果が1月24日に公表され、与党愛国戦線(PF)で現国防相兼法相のEdgar Lungu氏が、国家開発統一党(UPND)のHakainde Hichilema党首との接戦を制して新大統領に選出された。メディア報道によれば、Lungu新大統領は、2015年1月1日から導入されたロイヤルティ率の大幅引き上げに関し、鉱山会社は正当な税金を支払う必要があるとして継続する意向を示した。ロイヤルティ率については、露天採掘鉱山では6 %から20 %へ、坑内採掘鉱山については6 %から8 %に引き上げられており、鉱業界から採算性が得られないとして強い反発を受けている。

ページトップへ