閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年1月28日 バンクーバー 山路法宏

加:Yukon Zinc社、Wolverine多金属鉱山の操業を休止

 2015年1月28日付の地元報道は、加Yukon Zinc社がユーコン準州南東部で操業するWolverine多金属鉱山が一時休止に入った事を報じている。同鉱山は坑内掘りにより亜鉛、銀、銅、鉛、金を生産しており、2011年から操業を開始。2014年上半期の稼働率は75%前後(1,700t/dの生産能力)で、215,000tの鉱石から、銅8,200t、鉛5,900t、亜鉛41,800t等の精鉱が生産された(YT準州地質調査所調べ)。

 報道によれば、同社は閉山後の現状回復費用として政府に支払うべき保証金について、3百万C$以上を滞留しており、一時休止も現金不足が理由と報じている。

ページトップへ