閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2015年2月2日 モスクワ 木原栄治

カザフスタン:タングステン及びモリブデンの採鉱製錬施設建設へ

 2015年1月27日付け地元報道等によると、2015年1月、カザフスタン中国協力会議が開催され、下記2案件を含む22件のプロジェクトが承認された。

 ① 経済特区Saryarkaにおける複合合金プラント建設

 プラントの年産能力は60万t/年の生産で、28基の炉が稼働する予定である。第一フェーズの操業開始は2016年(第一フェーズの生産能力は17万tを予定)、2020年までに第二フェーズを実施する予定である。プロジェクトの実施により、地元には825億kzt(カザフスタン・テンゲ)の投資がもたらされ、3,000人の雇用が創出される見込みである。プロジェクト資金の80%をカザフスタン開発銀行が調達する予定である。

 ② カラガンダ州シェット地区Koktenkol鉱床のモリブデン鉱石、タングステン・モリブデン鉱石の採鉱製錬施設建設と商業開発

 2054年までの3フェーズの長期プロジェクトであり、第1フェーズではタングステン採鉱製錬施設(鉱石年間処理能力200万t)、第2フェーズではモリブデン採鉱製錬施設(同1,000万t)を予定しており、第3フェーズではモリブデン採鉱製錬施設の能力を2,000万tに拡大する予定である。プロジェクト全実施期間の投資総額は25億US$を予定している。

ページトップへ