閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年2月9日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Southern Copper社、Buenavista銅鉱山拡張計画の2015年完了を示唆

 2015年2月4日付け業界紙等によると、Grupo México社の子会社Southern Copper社は、Sonora州で操業しているBuenavista銅鉱山に関し、昨年8月に銅浸出液流出事故が発生したにもかかわらず、同鉱山拡張計画は最終的に総額34億US$を投入し本年中に完了する見通しを明らかにした。

 同社によると、本拡張計画により銅生産量は従来の生産量の175 %に当たる488千t/年にまで増加するとともに、モリブデンの生産量も42 %増加することとなる。現在、本拡張計画により、モリブデン回収設備を有し銅生産量188千t/年の能力を持つ選鉱プラント及び2,600 t/年のモリブデン生産能力を持つ選鉱プラントの建設工事を進めており、本年Q3に完成の見込みである。なお、生産能力120千t/年を有する銅カソードプラント整備に関しては、既に444百万US$が投資され、フル操業に達している。最終的に粗鉱処理能力80百万t/年を予定する本拡張計画は、本年Q4に全ての工事が完了する見通しである。一方、銅浸出液流出事故の影響により、2015年の銅カソード生産量は102千tに制限される見通しであるが、現在一部操業停止を受けているものに関しては、本年中頃には関係当局による操業停止の解除が期待される。

ページトップへ