閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年2月13日 北京 森永正裕

中国:2015年中国のレアアース企業の生産は安定または小幅成長

 中国有色金属工業協会は2015年1月に中経非鉄金属産業月間景気指数報告を公表した。

 同報告では、レアアース、タングステン、モリブデン産業はWTO 敗訴の影響を受け、2015年には製品輸出割当制度を撤廃し、一部製品の輸出関税の見直しを行うが、これは同業界に対し二つの作用がある。一つは、企業輸出の税金負担を軽減させ、国内関連製品の輸出競争力を高めると同時にレアアース、タングステン、モリブデン製品密輸を抑止することができる。一方、レアアース、タングステン、モリブデン一次製錬製品の輸出割当を廃止することによって、これら製品の輸出が多くなり、鉱山企業の生産を刺激する可能性もある。世界市場の需要が低迷しているため、レアアース・タングステン・モリブデンの輸出を自由化させたとしても、輸出の成長率は大きくなく、生産への刺激は限定的である。

 推測によると、2015年中国のレアアース・タングステン・モリブデン企業は安定生産を保つか小幅に増加する見込み。

ページトップへ