閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年2月16日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:加Torex Gold Resources社、Guerrero州にて鉱山労働者12名が誘拐

 2015年2月9日付け業界紙等によると、加Torex Gold Resources社(本社:トロント)がGuerrero州に保有する現在開発中のEl Limon-Guajes金プロジェクト及びMedia Lunaプロジェクトを含むMorelos金鉱山地域近隣にて、同社鉱山労働者を含む12名が地元マフィアに誘拐された旨明らかにされた。

 同社によると、事件発生後2月7日に当該地域の全ての操業を停止し、当局の捜査に協力を行っている。

 なお、El Limon-Guajes金プロジェクトは、世界の大手金鉱山の一つに入ると考えられており、2013年11月に工期21か月間の開発工事を開始、約6か月後の操業開始を見込む。平均金品位2.79 g/t、精測・概測金資源量154 t、鉱山寿命11年間、年間金生産量11.7 tのポテンシャルを有す。また、投資総額に関しては、当初計画の725百万US$から本年1月に800百万US$へと増加した旨を発表。なお、本投資総額には、昨年同州にて発生した大学生43名誘拐、殺人事件を踏まえ、不測の事態への対応費としての47百万US$も含まれている。

ページトップへ