閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年2月16日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:メキシコ鉱業の回復は2016年

 2015年2月12日付け業界紙等によると、メキシコ鉱山・冶金・地質技師協会(AIMMGM)のManuel Reyes会長は、メキシコ鉱業の回復は2016年になるとの見通しを明らかにした。

 同会長によると、最近2年間においてメキシコでは新たな探鉱・採掘に関する開発プロジェクトが実施されておらず、また、最近数か月の金及び銀市況の下落・低迷により、各鉱業企業の収益が落ち込んでいる。2014年は、メキシコ鉱業投資が2012年の80億US$から25 %減の60億US$まで下落したほか、約120件の鉱業プロジェクトが中止された。主な要因としては、2014年1月に新たに施行された鉱業特別税及び貴金属鉱業特別税によるものと考えられる。また、2015年も昨年同様にメキシコ鉱業の低迷は続き、鉱業投資額は60億US$を下回るものと推測される。

ページトップへ