閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年2月16日 ロンドン 竹下聡美

英国:Anglo Americanの2014年決算報告、コモディティ価格下落を受けて利益大幅減

 Anglo Americanは2015年2月13日付で2014年度の決算発表を行った。同社によれば、EBIT(支払金利前税引前利益)は49億US$で前年比25 %と大幅に減少した。この背景として、コモディティ価格の大幅下落による減益が24億US$相当にも及び大きく影響したとしている。一方、生産国の通貨安や増産等により13億US$相当が上乗せされたとして、コモディティ価格による減益分を部分的に相殺したとしている。CEOのMark Cutifani氏は、2014年はコモディティ価格の下落と悪化する市場への対応策として操業面での改善を行った年であり、またポートフォリオの多角化を進めることにより、バルクコモディティである鉄鉱石や石炭の大幅な価格下落の影響をある程度押さえることができたとコメントしている。

ページトップへ