閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年2月16日 モスクワ 木原栄治

カザフスタン:Kazakhmys Corporation、経営合理化へ

 2015年2月7日付け地元報道等によると、Kazakhmys Corporationの経営陣は、銅価格急落に伴う厳しい経営環境を受け、全生産拠点の生産プロセス最適化を行うと発表した。現在赤字の事業所の一部は一時操業停止とされ、レイオフされた従業員全員(2,000人)が再教育を受けるが、平均賃金は支給され、再教育後は成長プロジェクト(Bozshakol、Aktogay)への就職斡旋が予定されている。最適化措置は事務系職員にも適用され、職員の一部は時間短縮勤務に移行し、全管理部門の事務系職員の一部に対しては賞与の10 %カットが行われる予定である。

ページトップへ