閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年2月16日 シドニー 矢島太郎

PNG:Anglo American、パプアニューギニアStar Mountains銅金探査プロジェクトにJV参入

 2015年2月11日、南アHighland Pacific社は同社がパプアニューギニアで実施中のStar Mountains銅金探査プロジェクトにAnglo AmericanがJV参入すると発表した。Anglo AmericanはJV契約の締結時に5百万U$、その12か月後に5百万U$を支払う事でJVに参入し、2段階に分けた権益取得を目指す。フェーズ1は、4年間で計25百万U$の探査費を拠出し、JV契約締結から5年以内にNI43-101もしくはJORC規定に準拠した予測資源量300万tの確認に至った場合、51 %の権益を取得できる。続くフェーズ2は、JV契約締結から15年以内にBankable FS(BFS)の費用拠出とスタディ完了に至った場合、80 %まで権益を増やす事ができる。また、BFSの完了後、開発資金として最大150百万U$を拠出し、25百万U$以上を拠出した時点で、オペレーターシップの獲得が可能となる。同プロジェクトはGrasberg銅金鉱山、Ok Tedi銅金鉱山、Frieda River銅金プロジェクト等と同じくニューギニア造山帯中に位置しており、ボーリング調査により既に17の銅金鉱化作用が確認されている。

ページトップへ