閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年2月23日 シドニー 矢島太郎

豪:Fortescue Metals Group、2014年度上期の利益が大幅減少

 2015年2月17日、豪州鉄鉱石生産第3位のFortescue Metals Group社(FMG)は2014年度上期(2014年7~12月)の決算報告を行った。船積み量は前年同期比53 %増の82.7百万t、C1コストは同9 %減の30US$/wet tonと好調な成果を見せたものの、販売単価が124US$/dry ton(2013年7-12月)から66US$/dry ton(2014年7-12月)に約47 %下落した事で、売上高も同17 %減の48.6億US$と大きく落ち込んだ。2014年下期(2015年1-6月)のC1コストは更なるコスト削減により、25-26US$/wet tonの達成を目指しており、厳しい市況に対応する体制を整える。

ページトップへ