閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年3月2日 メキシコ 縄田俊之

パナマ:Cobre Panamá銅・金プロジェクト、設備投資コストを大幅削減

2015年2月20日付け業界紙等によると、加First Quantum Minerals社(本社:バンクーバー)は、パナマに保有するCobre Panamá銅・金プロジェクトに関し、設備投資コストを大幅に削減する旨を明らかにした。 同社のClive Newall社長によると、同プロジェクトの設備投資コストを削減することにより、2015年に支出する計画であった当初投資コストを22~24億US$から12~14億US$へと削減する。ただし、2015年に納入する計画であった各種設備に関しては既に購入を行っていることから、設備・機器の購入が同プロジェクト全体の計画遅延に繋がることは無い。 なお、同プロジェクトは、First Quantum Minerals社が80 %、KORESが10 %、LS Nikko Copper社が10 %の権益を保有しており、投資総額64億US$、銅生産量320千t/年、金生産量3.1 t/年、銀生産量56 t/年、モリブデン生産量3,500 t/年で2017年下半期に操業開始を予定している。

ページトップへ