閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年3月2日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Polyus Gold社のNatalka鉱床再評価により金埋蔵量1,620万oz(504 t)

 2015年2月25日付け地元報道等によると、Polyus Gold社は、マガダン州Natalka鉱床の鉱物資源量及び鉱石埋蔵量の再評価を行い、2012年版JORC規定による金埋蔵量は1,620万oz(504 t)となった。現在、同鉱床の鉱石埋蔵量(確認・推定)は3億1,900万t、金品位1.6 g/tで金埋蔵量1,620万oz、鉱物資源量(精測・概測・予測)は7億7,700万t、金品位1.5 g/tで金資源量3,680万oz(1,144.6 t)となっている。鉱床開発計画の見直し完了は2015年半ばを予定している。

ページトップへ