閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年3月2日 ロンドン 竹下聡美

ブルンジ:Rainbow Rare Earths社、Gakaraレアアースプロジェクトの鉱業権を取得

 英Rainbow Rare Earths社は、2015年2月27日付で、ブルンジ鉱山エネルギー省からGakaraレアアースプロジェクトの鉱業権を取得したと公表した。鉱山操業に係る契約(Mining Convention)に関しても政府から既に承認を得ているとして、事務手続きが完了し次第、同社は商業生産に向けて開発を行うとしている。同社は、同プロジェクトの85 %権益を保有し、残り15 %は現地法人が保有している。同社ウェブサイトによれば、ウラン及びトリウム濃度の低いバストネサイト及びモナザイトで平均TREO品位は54.3 %、TREO量14.2万tが推定されており、首都から40 KmのBujumbura州に位置していることから、インフラ面でもタンザニア・ダルエスサラーム港へのトラック輸送が可能であるとしている、なお、鉱業権の取得に際してはFS調査及び環境社会影響評価の提出を受けて閣議で承認される必要があり、有効期間は25年でその後更新が可能である。

ページトップへ