閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年3月9日 リマ 岨中真洋

ペルー:エネルギー鉱山大臣、経済財務大臣、PDAC総会で鉱業政策を表明

 2015年3月4日付け地元紙によると、カナダ探鉱・開発協会(PDAC)の2015年総会に出席したOrtizエネルギー鉱山大臣は、ペルーは鉱業の競争力強化を目的とした経済改革に取り組んだ結果、世界でも有数の鉱業促進政策を実施する国となっており、特に探鉱プロジェクトに関しては鉱業投資家の選択肢の一つとなっていると主張した。また、今後もペルー政府は投資家に対する保証や支援を継続し、鉱業活動によって生み出される利益を生産地域の人々と分かち合いたいとの考えを表明した。

 一方、Segura経済財務大臣は、ペルーは豊富な金属資源埋蔵量を有する主要な鉱物生産国であるとした上で、世界的に金属価格下落やコスト上昇、投資意欲減退等の傾向が見られる中、他の中南米諸国と比較して生産コストが低いペルーは競争力を強化してきたと説明した。さらに、ペルーでは既に多くの外国企業が活動しているが、その他の企業も参入を表明していると述べた。

ページトップへ