閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年3月9日 シドニー 矢島太郎

豪:Rio Tinto、鉱山の生産性を向上させるためのデータ解析センターをインドに開設

 2015年3月3日、Rio Tintoは鉱山の生産性を向上させるためのデータ解析センターをインドのプネー市に開設することを発表した。同社は米国系IT 企業IGATE社と共同で同センターを運営する。同センターではRio Tintoが世界で操業している鉱山の採掘や鉱石処理等の設備に搭載されるセンサから得られたデータを取得し、機器のトラブルや事故の未然防止に役立てるだけでなく、設備利用の最適化を目指したモデリング解析も行う。Rio Tintoは、「資源業界でデータ解析センターを設置するのは当社が世界初であり、本拠点で世界中の鉱山設備を管理することにより、事前に設備トラブルを解決し、操業の生産性と安全性を高めることが可能となる。」とコメントしている。

ページトップへ