閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年3月16日 バンクーバー 昆野充登

チリ:Barrick社、Zaldivar銅鉱山を15億U$で売却か

 2015年3月16日付地元業界紙は、世界最大の産金会社Barrick Gold Corporation(Barrick社)が有利子負債削減の目的で、チリのZaldivar銅鉱山売却を検討していると報じた。Barrick社の公式アナウンスは無いが、同社の銅に対する関心が薄れている現在において、世界の銅鉱山の買収に対して積極的と言われる中国企業、元XstrataのMick Davisが率いるX2 Resources、Teck Resources等が魅力的なオファーを提示した場合、それに抗するのは難しいだろうと報じている。

 Barrick社は2012年から3期連続の赤字決算に苦しんでおり、資本金は2012年の246億U$から2014年の128億U$に大きく減少している。一方、有利子負債は130億U$前後で推移しており、2015年度中に最低でも30億U$の有利子負債削減を公約している。Zaldivar銅鉱山の売上は全体の6 %程度であり、Barrick社にとってはノンコア資産の位置付けとなっているが、推定・確定埋蔵量で約2.7百万t(2013年末、鉱量555百万t、Cu品位0.54 %)、年間生産量100‐120 Kt(世界40位以内)の比較的大きな規模を有している。

ページトップへ