閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年3月16日

中国:青海省、1,000万 tレベルの多金属鉱山開発基礎完成

 安泰科によれば、2014年の青海省における探査投資完了額は27.77億元で、各種地質調査プロジェクト703件が実施され、一連の探鉱成果を遂げて1,000万 t級の多金属鉱山の開発基礎が完成した。

  同省国土資源庁によると、地質調査の結果により、2014年に青海省で石炭2.51億 t、鉄鉱石0.6億 t、カリ塩0.75億 t、銅・ニッケル・鉛亜鉛157万 t、金54.6 tの資源量が拡大された。

 また、過去一年間、青海省は石油天然ガスの探査でも大きな成果を遂げ、石油6,700万 t、天然ガス210億立方メートルの埋蔵量を新規増加した。

ページトップへ