閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル チタン
2015年3月23日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Rosgeologia社、ペンザ州でチタンの有望鉱体群を発見

 2015年2月28日付け地元報道等によると、Geotsentr-Moskva 社(Rosgeologia社傘下)は、Zemetchinoエリアの縮尺20万分1国家地質図を作成した。作成は連邦国家単一企業A.P. Karpinsky Russian Geological Research Institute (VSEGEI)との契約に基づき2012年から行われていた。

 Zemetchinoエリアは、沿ヴォルガ連邦管区のモルドヴィア共和国(18.8 %)、ペンザ州(57.9 %)、中央連邦管区のタンボフ州(12.7 %)、リャザン州(10.6 %)に位置し、4,904.6 ㎢である。

 国家地質図一式はGK200中央ヴォルガシリーズの凡例に従って作成され、地質図、鉱物資源図、第四紀地図、縮尺50万分1の各種図(地形図、環境地質図、水理地質図、地質構造・鉱物生成区分図)、鉱物予測評価を含む。

 Zemetchinoエリアはチタン鉱床の有望エリアである。その鉱物予測資源量は連邦地下資源利用庁(Rosnedra)の学術編集評議会事務局会議で承認されており、Vyshinsky鉱体群がチタン・ジルコニウム砂鉱床の探査.・評価対象として選定されている。

ページトップへ