閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2015年3月24日

中国:中国工業情報化部、国内鉄鋼企業の負担緩和及びレアアース輸出の規制強化へ

 現地報道によれば、中国工業情報化部は、「2015年原材料工業モデル転換発展要点」を公表し、イノベーション主導型発展戦略を継続的に推進し、原材料工業の科学的発展を制約する問題の解決策を明らかにした。特に2015年に鉄鉱石業界中長期発展計画を制定し、国内鉄鉱山の税金費用政策に対する見直しを行い、世界の鉱業大国の経験を参考に国内鉱山にかかる負担を軽減するとした。

 本「要点」では、鉄鋼業モデル転換発展行動計画を制定し、中長期発展計画を作成する。また、重要原材料業界における第13次五カ年計画を定め、石炭化学工業業界の重要問題に対する研究を行うことが明らかにされた。鉄鋼業界規範条件及び管理方法、鉛亜鉛やタングステン・錫業界の規範条件も改訂される他、鉄鋼モデル企業の情報総合データベースを構築する。アルミニウム、ガラス繊維とその複合材料、石灰及び石材業界についても、健康的な発展指導意見が作成される。

 具体的には、鉄鉱石資源確保の強化を目的に、埋蔵量が多く生産レベルの高い、省エネ環境保護国家基準に合致する大中規模鉄鉱山の建設を支援し、安定供給能力を保つ。国内鉄鉱山の税金費用政策に対する見直しを行い、世界の鉱業大国の経験を参考とし、国内鉱山にかかる負担を軽減する。国内現物プラットフォーム、鉄鉱石先物、中国鉄鉱石価格指数による影響力を強化し続け、公正な鉄鉱石価格形成メカニズムの設置を促進する。同時に、鉄鋼、電解アルミニウム、セメント及び板ガラス業界の新規増加生産能力プロジェクトの登録を禁止し、鉄鋼、電解アルミニウム、セメント、板ガラス、化学肥料及びタイヤ等優位企業における統合再編を推進し市場影響力のある競争力の高い大規模企業グループの設立を推進することで生産能力過剰問題の解消を図る。条件を満たす鉄鋼、非鉄金属、建築材料などの企業については、海外での資源開発、製錬と精密高度加工基地の建設を支援する。

 戦略的資源の管理強化に関しては、レアアースについて、違法行為を厳しく取り締まり、大規模企業グループの設立を加速させ、2015年末までに6社大手レアアース集団における国内レアアース鉱山と製錬分離企業に対する統合を行う。6社大手レアアース集団にレアアース鉱山採掘の監督管理システムを依託し、レアアース製品の包装標識、エンコード、企業の生産台帳、専用領収書、輸出統計データ等、レアアース製品追跡システムを構築し、レアアースの採掘から生産流通までのトータル監視を実現する。また、新規レアアース鉱山開発と製錬分離プロジェクトを厳しく取り締まり、レアアース、タングステン、蛍石の生産総量規制計画を厳しく管理し、レアアース製品の包装、ラベリング、運送及び貯蔵・保管についても国家強制基準を設定して、レアアース製品輸出の規範化を図る。レアアース、タングステン、モリブデン資源税改革案や「レアメタル管理条例」についても、今後迅速に改革を進め、実施細則を取決める。「レアアース指令性生産計画管理方法」や「レアアース業界の参入許可条件」を改訂し、レアメタル、蛍石等生産計画の伝達方法の調整やパラタングステン酸アンモニウム製錬生産指標の明示を検討する。

ページトップへ