閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年3月30日 リマ 岨中真洋

ペルー: Tia Maria銅プロジェクト反対デモ

 2015年3月25~30日付け地元各紙によると、Southern Copper社(本社:ペルー)のTia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)への反対運動では、2日目となった2015年3月24日、道路封鎖を行おうしたデモ隊が警官隊と衝突、けが人12名、逮捕者9名が発生した。一方、内務省は、対策措置として警官2,000名を配備したと発表した。

 2015年3月25日、デモ行進は沿岸部の都市Mollendoに到達し、約4,000名の農家や住民らが抗議した。

 2015年3月27日、Southern Copper社の渉外担当部長がTia Maria銅プロジェクトを中止する旨ラジオ番組で表明し、エネルギー鉱山省は同社に対する説明を求める事態となったが、Southern Copper社のGonzales社長は、ラジオ番組における渉外担当部長の発言を撤回、Tia Maria銅プロジェクトの継続を表明すると共に、政府に対しては開発協議会の設置等をはじめとするプロジェクト支援への感謝を表明した。

2015年3月28日、プロジェクト継続の表明を受けて抗議活動を再開したデモ隊と警官隊が再び衝突し、負傷者19名、逮捕者2名が発生した。一方、Southern Copper社のGonzales社長は、Tia Maria銅プロジェクトによる環境への影響が発生した場合に備え、その緩和・修復を目的とした基金を創設することを発表したほか、同プロジェクトはArequipa州で3,000人の新たな雇用を生み出すと主張した。

ページトップへ