閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年3月30日 ロンドン 竹下聡美

ザンビア:Lungu大統領、鉱業大臣にロイヤルティ見直しを指示、Lumwana銅鉱山は操業継続へ

 メディア報道によれば、2015年3月25日にEdgar Lunguザンビア大統領は、財務大臣及び鉱業大臣に対し、4月8日までに鉱業ロイヤルティについて見直しを行うよう指示した。これは2015年1月から導入されたロイヤルティ率の引き上げに関するもので、露天採掘鉱山については従来の6 %から20 %へ、抗内採掘鉱山については6 %から8 %へ引き上げがなされていた。Lungu大統領の今回の見直しの指示は鉱山会社及び鉱業協会からの意見書をもってなされたとしている。これを受けて、Lumwana銅鉱山を操業する世界最大の産金会社Barrick Gold社は、ロイヤルティ引き上げにより同鉱山の操業を停止するとしていたが、2015年3月27日付で同鉱山の操業を継続する意向を示した。

ページトップへ