閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年4月2日 バンクーバー 昆野 充登

加:Labrador Iron Mines社、CCA法に基づく債務再編計画を開始

 2015年4月2日付地元報道によれば、Labrador Iron Mines Holdings Limited(以下、Labrador Iron Mines社)は、CCA法(Companies’ Creditors Arrangement Act)に基づく債務再編計画を開始すると発表した。供給過剰による鉄鉱石価格の低迷が続いたことが原因。

 Labrador Iron Mines社は、カナダ東部ラブラドルトラフ(Labrador trough)地域で操業していたが、昨年から操業を停止していた。同地域では、Sept-Îles港までの新規鉄道敷設調査に関し、ケベック州政府が最大2,000 C$ 万カナダドルを拠出することとされているが、近年の鉱山業は厳しい状況となっている。

 また、Labrador Iron Mines社のJVパートナーであるTata Steel Minerals Canada Limitedは、オプション権を行使し、ラブラドルトラフにあるHowseプロジェクトの権益を500万カナダドルで購入したと発表している。

ページトップへ